FC2ブログ

のと里山里海号 前編

2020.11.22 Sun

里山里海(1)

冬の北陸🍶呑み鉄旅行2日目です

今日は能登半島を走るのと鉄道に乗車します☝
 
 
 
AM 07:00の富山駅前

里山里海(2)

コロナ禍の影響もあるのでしょうが

この時間でも駅前の人影はまばらです

やっぱり地方都市ってのんびりしていていいなぁ~

そぉいえば今年の3月から

ポートラムが市内循環線に乗り入れてるんでした

少しづつですけど富山の街も変わってるんですね


今回宿泊した地鉄ホテルの一階には

富山地方鉄道の駅が設置されています

里山里海(3)

地鉄の電車にも乗ってみたかったんですが

今回はガマン....ガマン....😣



本日最初に乗車するのは

現役で413系が活躍しているこの路線にも

里山里海(4)

実は観光列車が走っていたりします☝

この列車も機会があったら乗ってみたい💗

まだまだ北陸に足を運ぶ必要がありますな🤭


とりあえずはこの普通列車で金沢方面を目指します

里山里海(5)

JR西日本から譲渡された512系車両は

山側を緑色・海側を青色としてデザインされています

この手法は駅名表にも採用されていて

表裏でカラーが異なってますので

来られた時には確認してみて下さい😄☝


電車に揺られる事約1時間....

最初の乗換駅IR津幡駅に到着です

里山里海(6)

ここはあいの風とやま鉄道の駅ではありますが

JR七尾線の起点駅にもなっております

新幹線開業に伴うJRの孤立路線

特に北陸新幹線開業に伴う富山・石川に多いですね


この七尾線で運用されている車輌は

413系や415系と国鉄時代の古い車輌が多く

それに乗車するのが楽しみでもありましたが

なんとやって来たのは最新の512系😱

里山里海(7)

これって先月から導入されたばかりで

まだ1編成しか走ってなかったんじゃない?

こりゃ....運が良いのか悪いのか😭


本数の少ないローカル線ですので

泣いても笑ってもこれに乗るしかありません

里山里海(8)

1時間ちょっとの道程を

ガタゴト揺られながら進みます 🚋🚋💨💨




そして到着しましたJR七尾駅

里山里海(9)

能登半島と言えば有名なのが輪島塗花嫁のれん

駅名板もそのイメージで設置されてお洒落です💕

でもそれだけでこのデザインな訳ではありません


もう一つの理由をカメラに収めるために

一旦駅を出て線路沿いの良さげな位置を陣取ります

そして待つ事20分....

七尾駅を出た列車がやって来ました🤩

里山里海(10)

JR西日本観光列車 花嫁のれん

使用される車輌はキハ48形気動車(金沢総合車両所富山支所)

煌びやかに輝くその外装は北陸の伝統工芸品

輪島塗り・加賀友禅・金沢金箔等をイメージしており

加賀水引をイメージしたヘッドマークを掲げてます

実はこの車両の指定券も狙っていたのですが

コロナ禍で座席を間引きしている様で

残念ながら入手することが出来ず....😰

これもまた次回訪問時の宿題ですな


先ほどはJR車両が通過しましたがここはのと鉄道線

里山里海(11)

後続の普通列車を撮影してから


七尾駅へと引き返します

里山里海(12)

次はいよいよ本日の🎊メインイベント🎊

のと鉄道の観光列車に乗車です😍💕




この駅に到着してから約1時間

これから乗車する列車が入線して来ました

里山里海(13)

のと鉄道観光列車 のと里山里海号

先ほどの花嫁のれんの様な派手さはありませんが

これでもれっきとしたのと鉄の観光列車

ある意味花嫁のれんよりも楽しめるはず☝



それでは受付を済ませて列車に乗り込みましょう

今回乗車するのは穴水駅側の里山号

里山里海(14)

オレンジ色の内装が目印です

4人掛けのクロスシート+テーブルという配置で

テーブル上には感染防止のパーテーション付


座席間には所々に飾り棚も配置してあり

里山里海(15)

中には能登に息づく工芸品が配置されています

天井や床にも木材を張るなどして

外観以上にこの列車が特別であるという事を主張

既存車輌の改造車ではありますが

かなり良い雰囲気を醸し出しております🎵


そして先頭部分に行ってみると

里山里海(16)

現在使用禁止ではありますがシートもあります

貫通扉位置まで行く事も可能ですので

出発後はここで前面風景も撮影しなくちゃ😁



この列車は12:25 七尾駅発 のと里山里海3号

事前に飲食プランを申し込んでおりますので

里山里海(17)

🍣特製寿司御膳弁当が提供されます😋


でもその前に

朝ホテルを出てから何も飲んでいなかったので

里山里海(18)

🍋ソフトドリンクで乾いた喉を潤します😝

この瞬間の為に生きてるんだよねぇ~💕


ではではお膳の蓋を御開帳!!

里山里海(19)

能登にある寿司屋の名店信寿しが作る豪華弁当

能登の海で取れた新鮮な魚貝をふんだんに使用🎵

こりゃぁ美味そうですねぇ!!😍




定刻になり終着の穴水駅へ向けて出発です!!

里山里海(20)

非電化路線ゆえにスッキリとした光景

線路への立ち入り禁止柵も特になく

ただ2本のレールが伸びているのみ

やはりローカル線はこうじゃなくては!!


走り出してしばらくすると

車内アナウンスが右手を見る様に言っています

目を向けると広々とした田んぼの中に白い点が....

よく見るとあれは🦢白鳥ですねぇ😲!!

里山里海(21)

アテンダントさんの説明によると

この地はコハクチョウの越冬地だそうで

年々飛来する数も増えてきているそうです

白鳥って湖や池に来るのかと思っていたので

田んぼに集まる白鳥は意外です😓


さらに進むと七尾湾越しに高層棟群が見えてきます

里山里海(22)

あれが20もの宿が建ち並んでいる和倉温泉

全国有数の高級温泉街として知られ

能登観光の玄関口となっております

もちろん今宵の宿はあの宿群の中

宿での食事も今日の楽しみなんですょ🎵




七尾駅を出発してから約20

唯一の停車駅である能登中島駅に到着です

里山里海(23)

ここでは約10分間の停車時間がありますので

ちょっとレアな車輌を見学しちゃいましょう


その車輌がこちら

里山里海(24)

鉄道郵便車 オユ10 2565

この車輌は旧郵政省が所有していた全室郵便車です


車内は郵袋室と区分作業室をもつ特殊な構造で

里山里海(25)

走行中に区分け作業ができる様になっています

この車輌は主に東京⇔北海道間で使用されていて

昭和61年の鉄道郵便全面廃止に伴い廃車

現在この地での保存に至っているそうです

全国でも残存するオユ10はこの2526

東京都国立市の郵政大学校内に保存されている

オユ10 25552輌のみ

貴重な車輌を見ることが出来ましたよ😄🎵



そしてこの他にも貴重な物があるのです

それがこちら☟

里山里海(26)

能登中島駅そのものです🤣


木造の駅舎の何が貴重かと言いますと

某メーカーの🎞TVCF撮影地として使用されており

誰もが一度は観た事あるんじゃないかなぁ?



画面の端にオユ10もしっかりと映ってますね


この他にも駅舎内には記念品などを扱う売店も有り

里山里海(27)

のと鉄グッズや地元産の食品など

そこそこ....品揃えは豊富です


その中でも特におススメなのはこちらのジェラート

里山里海(28)

まるごと能登
マルガージェラート 320円


石川県能登町出身でジェラードマエストロの

柴野大造氏が手掛けるこのジェラート

ジェラート世界大会で1位を受賞した

日本が世界に誇る一品になります☝

ご本人がこの場にいましたので

一つ買わせていただきました🤩

カップ入りにもかかわらず恐ろしく滑らかな舌触り

これでも激ウマなのだからお店の方は更に....

また行きたい店が増えちゃいましたよ😅


そしてもう一つ購入したのがこちら

里山里海(29)

オユ10 2565のミニトートバッグ

きっとこれは買って満足するやつで

開封して使用する事は無いでしょう🤣




10分間の観光の後

里山里海(30)

列車は再び終着駅を目指して走り出します 🚃💨

ここから先にはのと鉄道自慢のビュースポットが

カメラを準備して絶景を逃がしませんよ!!



旅の続きは次回記事にて

ぺん11
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
 

関連記事

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 木村裕二さん

おはようございまーす!!
(´▽`)ノシ☀️

良いでしょ?
良いでしょ?
まさかまさかのオユ10
しかも中まで見学できる
それが乗客の特権だ!!
(*≧∇≦)ノ

そいやありましたねぇそんなイベント
国鉄全旅客営業鉄道路線242線区
総営業キロ20922.0km
全てを踏破した強者はどれだけいたのか?

もちろん私も完全制覇してましたよ‼️
ボードゲームでの話ですが
(((*≧艸≦)ププッ

Re: haseさん

おはようございまーす!!
(´▽`)ノシ☀️

地鉄って電車のるつぼ
最近は西武鉄道のニューレッドアローも
在籍しちゃってるみたいだし
乗りたくなっちゃいますよねぇ
(*σ>∀<)σ

列車のあの隙間に落ちる人
そんなにいるんですかねぇ?
関東の車両には無いから
関西人特有の事故?
(((*≧艸≦)ププッ

国鉄型車両
徐々に絶滅してきています
廃車せずにローカル鉄道会社へ
譲渡してくれれば良いですよね
( ´∀` )b

Re: ブロイスさん

おはようございまーす!!
(´▽`)ノシ☀️

久しぶりの能登半島
実に良い場所ですねぇ
次回は是非とも車で来たいとこです
( ´∀` )b

この観光列車
乗るだけでしたらかなり格安
能登観光の際には
是非とも乗ってもらいたい列車です
次回訪問時には是非に
ヾ(≧∀≦*)ノ〃

No title

うわ~~~~~!

幻のオユ10が、ここにあるとは!

知りませんでしたな~~もうこの世には存在しないと思っていました。
これは能登半島目指してバイクを走らさねばなりますまい。

輪島や蛸島まで線路が通じていた時に、
乗っておきたかった能登半島の国鉄路線。

中学生の頃、なけなしの小遣いを投入してやっていた「いい旅チャレンジ2万キロ」。
高校生になって止めてしまいましたが、完遂していれば能登も全線完乗できていたはず。

しかし、水戸岡さんのデザインかと思うほどの改造っぷりですな。

こんにちは

地鉄には自分が好きな元東急8590系がいるんですよね
来年こそは富山へ行きたい

最近の西日本の車両についてるエラの様な転落防止幌、あまり好きじゃないです
乗客の安全の為にはしょうがないですけど…

413系は懐かしいですね~
先日大阪行った時も103系を拝みに行こうとしましたが撃沈
やはりこういった形に惹かれてしまいます




No title

こんばんは😃
良いですよね〜能登半島
特に七尾市のななおの語感が個人的に好きです(≧∇≦)

しかし能登半島にこんなオサレな電車🚃が走っていようとは…
認識不足でしたね…(◞‸◟)

そして先々週、金沢の帰りに高岡市の雨晴海岸に寄って
能登半島を一望しましたが不思議な感じがしましたね〜
こんなところから見えるんだな〜って

七尾市は次回の課題ですかね〜😃

Re: kenbooさん

こんちゃ~っす!!
(´▽`)ノシ🌞

そぉなんですよねぇ
宮城県の飛来地で有名なのは伊豆沼
田んぼでは見た事ありません
酒田にいた時も見たのは最上川
田んぼのイメージはありませんねぇ
( ´艸`)

鉄旅は
この番組を観るとヲタでなくとも笑えます
https://www.bs4.jp/mousou-train/

Re: 小熊のプルーさん

こんちゃ~っす!!
(´▽`)ノシ🌞

能登島のキャンプ場ですかぁ~
そこまで行くなら2~3泊したいですよね
となるとやはりゴールデンウィーク狙い?

いいかもしれませんねぇ
( ̄ー ̄)ニヤリ

No title

気の利いたコメントを入れたいところですが、鉄旅はどうもよくわからなくて、
唯一わかるのは白鳥!

そーなんです。冬の日本海側の田んぼには白鳥がペタペタ歩いてるんです。
ワタシも庄内で初めて見た時衝撃を受けました。まさに

「何で水の上じゃないの?」

ですよ。まぁ川の流れが緩いところとか沼とかにもいるんですが、落ちたコメ
でも食ってるんでしょうねぇ。一番多いのが田んぼです。

この時期だけですから、いいもん見られましたね。

とださん おはようございます!

能登良いですね。
 
程良い旅行感が味わえますね。
サカナも美味いし・・・・・・・・・・(^^;  
 
来年は能登島のキャンプ場行けるかなー・・・・・・・(^^;  
 

カウンター
プロフィール

戸田鐵朗

Author:戸田鐵朗
 
休日はクルマとバイクで

まったりと外あそび

ゆるりと人生楽しんでます

ちょっと鉄分多めの

趣味ブログになります

更新状況
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
最新の記事
最新コメント
ブログランキング
Reanult Japon
🐰DOD
https://www.dod.camp/

アウトドアを
ワクワクするソト遊びに。
ウルフハウス
欧州最大級アウトドアブランド
http://www.wolfhouse2.jp

ジャックウルフ製品は
ウルフハウスで
伊藤製作所
戦うTシャツ屋
http://www.ito51.net/

伊藤製作所のTシャツはコミュニケーションツールです。
着れば、まわりは思わず突っ込まずにはいられなくなります。 プレゼントしてもやっぱり突っ込まれます。
伊藤製作所は、若々しい感性を持つすべての年代のために。 これからのあなたの人生で、いちばん若いのは今だ!
ブロとも一覧

「とりあえず食ったもんUp~!!」

なにがあったかな?

気分爽快!

バイク.キャンプ.旅 北関東自由生活 Strawberry Julep (ブログ編)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ